スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年05月11日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.05(UOC5)


2015年5月10日(日) 千葉県サバイバルゲームフィールド”RAID"において、
UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.05が開催されました。
簡素な画像と短文ですが、雰囲気感じて頂ければ幸いです。


ミーティング中。



マスター・オブ・UOC 、魔肖fujiwarą氏。


ゲーム開始前。

一時の平和感。

まさに嵐の前の静けさ。

1ゲームは30分勝負、とてつもなく苛酷です。


前回までは昇天・復活ゲートは各チーム自由選択でした。
それこそ赤チームの後ろから黄色チームがすかさず追撃とか、
(ダミー)ナイフを持った暗殺者が背後から連続アタックとか日常茶飯事状態。
今回からはゲートは各チーム2箇所のみ。ゲームごとにゲートが移動する様になりました。

さあこれで背後から寝首をかかれることはないと思いきや、
隣あったゲートが各チームに割り振られたりして、開始直後から映画「トゥルー・ロマンス」並みの阿鼻叫喚状態に陥ったり。


赤チーム・イーグルアイ。


黄色チーム・イーグルアイ。
味方にとっては守護天使、敵にとっては死の天使。
敵の侵攻位置や驚異度を知らせてくれ、逆に必死に隠れていても頭上から実況中継されてしまうという存在。


ヘルファイア。これもイーグルアイと同じくUOC独特の戦術要員。頭上からグレネードを撃ち堕ろす死の配達人。
ただし好き勝手に撃ちまくることはできません。地上からイーグルアイに空爆要請、
イーグルアイからヘルファイアへ命令が下されてから空爆が実行されます。途中で空爆解除はできませんし、
一日に空爆できる回数も制限されています。

命令を待つ空爆担当官達。











US櫓(やぐら)。ここを占領できるかどうかが勝負の分かれ目。
正面ゲート前にあるので、出た直前に狙撃されます。また、出入口・階段が1箇所しか無いので籠城されると
突撃しては撃たれ、突撃しては撃たれとの戦死体製造所となってしまいます。
最近はヘルファイアで爆殺されることがあるので無敵状態ではないですが、それでも戦略的には確保したポイントです。
























































  
Posted by しゅがごん at 00:08Comments(0)サバイバルゲーム