スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年08月17日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HG 



2014年8月3日(日) 千葉県RAIDで開催されたUOC(UNKNOWN OPERATORS CONVENTION)ーHGに参加してきました。
ほぼ画像だけのレポになります。


なお、ゲーム中の画像はラセットさん撮影のものを使わせて頂きました。どうもありがとうございます。

UOC主催者の魔肖fujiwara氏。今回も有意義なゲームを開催頂き、ありがとうございます。



UOC初参加者へのミーティング風景。普通のサバゲに慣れていると、かなり面食らうと思います。

さてゲームの方ですが、通常のUCO戦(ポリタンク、カウント復活)でした。

ただしハンドガンメインなので、通常戦よりも、

走る


走る






とにかく走る! 非常に早い展開で戦いが行われました。


そして、

隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



とにかく隠れながら撃つ、



とにかく隠れながら撃つ、



しつこいけど隠れながら撃つ、



しつこいけど隠れながら撃つ、



くどいけど隠れながら撃つ、


くどいけど(以下同文)

遮蔽物だらけのフィールドなので、クリアニングが恐怖状態。


一見すると遮蔽物越しの撃ち合いに見えますが、実際は両方とも相手の位置を把握しておりません。


こちらも同じ方向を向いていますが敵同士、お互い気づいておりません。まさに「志村後ろぉ!!」状態。
各ゲートから随時侵入可能なので、後ろに廻られて撃ち獲られたり。
逆に相手側の有利なエリアまでダッシュして、裏側から引っ掻き回したり。
とにかくゲーム中の緊張度がハンパ無く、おまけに炎天下の灼熱地獄。1ゲームだけでもノックアウト状態で大変でした。まぁ楽しいんですけど。









  
Posted by しゅがごん at 22:00Comments(0)サバイバルゲーム

2014年08月10日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HG参加時の装備

日が経つというのは早いもので、UOC-HGが終了して1週間経過しました。
いやもうホント燃え尽きておりました。それはそれはもう苛酷ながら楽しいゲームでしたよ。


UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HGとは、本家UOCのスピンオフゲームといったところ。
本家との違いは、ハンドガン、ショットガン、マシンピストル、グレネードランチャー(ガス、エアコキなどセミオートオンリー)メインということです。
普段はサイドアームとして日の当たらない火器類を主役に戦ってみようという、今までありそうで無かったゲーム内容。


今回のスタイリング 東南アジア近辺で仕事に勤しむ下級工作員といったところ。
アロハシャツに5.11パンツ。アジアン雑貨ショップで買ったタイコットン・バンダナキャップにOakley US Standard Issue Gascan。


装備はDBTプレキャリにショットシェルポーチとピストルマガジンポーチ、止血帯を付けただけのシンプルスタイル。
猛暑炎天下でのゲームだと確信しての軽量軽装でしたが、これでも相当暑かったので、ゲーム半ばにはプレキャリをベイルアウト。
UOCでは無線必需品。この暑さだとヘッドセットはキツいのと雰囲気優先で、市販のスロートマイク(チューブイヤホン)を使用。
ただし音質は割れに割れて最悪でした。


メインアームはマルイの1911MEU。デルタ放出のG-CODEホルスターに収めてます。
MEUはグリップを実銃用に交換、ライトマウントを追加した程度でノーマル仕様。
グリップセーフティに、自転車用タイヤチューブを輪切りにした物を巻いて機能を無効にしてあります。

もう1丁、マルイのグロックを用意してたんですが、マガジンにガスがうまく注入されず、4~5発でガス切れ。
普段使い慣れていないと、メンテもおざなりになるんで反省です。


もうひとつのメイン、マルイM870。飛距離、集弾(3発射撃)良好ですが、連射がイマイチ。
射撃→ポンプアクションで、きっちり押し戻さないと発射できず、何回もヒットチャンスを逃しました。






  
Posted by しゅがごん at 23:03Comments(0)サバイバルゲーム