スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年11月02日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION Vol.06(UOC6)参加時の装備

2015年10月11日(日)恒例のUNKNOWN OPERATORS CONVENTION、はやくも6回目を数える程の人気ゲームに参加してきました。
油断していると1ヶ月も経過し、コンバットマガジンで主催fujiwaraさんのレポが掲載されているという顛末。
るりゲー、ギアログファイナルも参加できぬまま仕事多忙期に突入し、UOCが今年のゲーム納となりそうです。

そんなわけでゲームレビューはコンマガや各ブロガーさんにおまかせして、当日の装備晒しでお茶濁しです。


今回のコンセプトは「反イスラム国・ボランティア」クルド系勢力に加担する義勇兵です。
全身マルチのゲーマー仕様ですね。





義勇兵の方々です。ISの所業に義憤をもって参加。退役軍人の他に元警官や商社マン、モデルに俳優といろいろ。
衣類や装備類は自前持ち込みっぽいんですが、出入国審査とか大丈夫だったんでしょうか?


メインアームはAK、光学機器は無し。ネット画像を見るとピストル等を持ってる人が少ないんでサイドアームも無し。


装備類はアレスアーマーのプレキャリにメイフラワーチェストを合体させています。
チェストはM4用なのでAKマグが入れにくく、4本のところ3本のみ。残りの予備マグはパンツポケットに突っ込みました。
マスクはMSM Skull Mask Multi-wrap。



ゲーム自体は人数が少なかったりルール変更等で、全入口前の”虐殺モードでお待ちしております”が少なかったですね。
何処かしらで穴が開き動きやすいし、逆に動いていないと追撃されてやられてしまいます。

久しぶりのAKでしたが、知り合いのガンスミスに調整してもらっているので快調な射撃ができました。


ただしM4と違いマグチェンジがやりにくい。モタモタしているうちに突撃されて死亡な案件が3度ほど。









  
Posted by しゅがごん at 19:02Comments(0)サバイバルゲーム

2015年09月27日

20150920 コンバットタウン・プレオープンに参加しました。





静岡県沼津市にオープン予定のゲームフィールド「コンバットタウン」、プレオープンに参加してきました。


10月11日(日)オープン予定なので、インドアフィールドを含めて未完成ですが、ゲームするのに充分な造り。


シンプルな板張りの遮蔽物ですが、これがなかなか侮れない。
身を隠すのにちょうど良い角度、そして死角部分も満載です(実際のゲーム中に多用してキルゲット多数:本人談)。



奥に櫓がありますが利用可能。ただし、梯子上になったパイプをよじ登っていくので狙い撃たれるの確定です。見学用が賢明かと。
それと森の中に抜け道と陣地があって撃ち下ろし可能。ただし入口部分が丸見えなので、ヒット確率高いです。
ゲームをした感想ですが、10~30人規模でのゲームが理想的ではないでしょうか?遮蔽物と援護や連携を駆使すれば、
一箇所抑えられたら動けず籠城というシチュエーションは防げると思います。それ程よく考えられたレイアウト配置。


ゲームは殲滅戦、人質救出戦、ポリタンフラッグ戦といろいろやりました。


一部”緑の人”も参加されていて、動き方が勉強になりました。



午後のゲーム前に「銃口管理」のレクチャー。これがまた勉強になるタメになる。
銃口位置がどこにあれば安全か、味方誤射しないか、自分撃ちしないか。
一見初歩的な事なんですが、練習してみると出来ない、頭と体が一体して動けない。反復あるのみ。


メイン・サブ共々M4(右:次世代)。2丁共通して近距離中距離、対応、バーチカルグリップ無し。
望遠4倍固定ですが充分活用できました。


服・装備はマルチカムをメインに。コンシャツはTRU-SPEC TRU® 1/4 Zip Combat Shirt。
パンツはTMCレプリカです。ニーパッドが薄いのでウレタンシートを入れて嵩上げ。


装備品一式。今回初めてCRYE JPC(Sサイズ)を使ったんですけど、高評価多いのがわかります。
とにかく負担軽減、肩・胸・脇・横腹部分の圧迫感が少ない。
貴得るなら、従来のアーマーやプレキャリが”包む”感じで、JPCは”着る”感じ。


午後からは軽装です。Tシャツ、タクティカルテイラーのmini MAVという出で立ち。


TACTICAL TAILOR mini MAVは今のところ、各社小型チェスト類のなかでダントツに使いやすい。
身体側にはクッションパッドが縫い付けられていて負担軽減。背中側にストラップ調整金具が付いているので、
ストラップの捻れやズレが防止され快適。おまけにリーズナブルな価格です。小柄な方や女性にお薦め。


押しさしぶりの再会、Wさんとの2ショット。2日連チャンのプレテストだそうです、元気だなぁ。












  
Posted by しゅがごん at 11:43Comments(0)サバイバルゲーム

2015年05月11日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.05(UOC5)


2015年5月10日(日) 千葉県サバイバルゲームフィールド”RAID"において、
UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.05が開催されました。
簡素な画像と短文ですが、雰囲気感じて頂ければ幸いです。


ミーティング中。



マスター・オブ・UOC 、魔肖fujiwarą氏。


ゲーム開始前。

一時の平和感。

まさに嵐の前の静けさ。

1ゲームは30分勝負、とてつもなく苛酷です。


前回までは昇天・復活ゲートは各チーム自由選択でした。
それこそ赤チームの後ろから黄色チームがすかさず追撃とか、
(ダミー)ナイフを持った暗殺者が背後から連続アタックとか日常茶飯事状態。
今回からはゲートは各チーム2箇所のみ。ゲームごとにゲートが移動する様になりました。

さあこれで背後から寝首をかかれることはないと思いきや、
隣あったゲートが各チームに割り振られたりして、開始直後から映画「トゥルー・ロマンス」並みの阿鼻叫喚状態に陥ったり。


赤チーム・イーグルアイ。


黄色チーム・イーグルアイ。
味方にとっては守護天使、敵にとっては死の天使。
敵の侵攻位置や驚異度を知らせてくれ、逆に必死に隠れていても頭上から実況中継されてしまうという存在。


ヘルファイア。これもイーグルアイと同じくUOC独特の戦術要員。頭上からグレネードを撃ち堕ろす死の配達人。
ただし好き勝手に撃ちまくることはできません。地上からイーグルアイに空爆要請、
イーグルアイからヘルファイアへ命令が下されてから空爆が実行されます。途中で空爆解除はできませんし、
一日に空爆できる回数も制限されています。

命令を待つ空爆担当官達。











US櫓(やぐら)。ここを占領できるかどうかが勝負の分かれ目。
正面ゲート前にあるので、出た直前に狙撃されます。また、出入口・階段が1箇所しか無いので籠城されると
突撃しては撃たれ、突撃しては撃たれとの戦死体製造所となってしまいます。
最近はヘルファイアで爆殺されることがあるので無敵状態ではないですが、それでも戦略的には確保したポイントです。
























































  
Posted by しゅがごん at 00:08Comments(0)サバイバルゲーム

2015年02月01日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.04


2014年11月23日千葉県サバイバルゲームフィールド「RAID」で行われたUNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.04に参加してきました。
画像はUOCマスター魔肖”X星人”fujiwara様、当日は主催お疲れ様でした!

ゲームに関しては下記動画、コンマガ2月号に詳しく掲載されています(笑)。
もうね、ひたすら突撃してやられて、数取器押してすぐ突撃の繰り返し。撮影するヒマは全く無しでした。
特に正面入口側では上空からのヘルファイア援護があるとはいえ、阿鼻叫喚の銃撃祭り。
自分は敵側のショットガンナーさんと、しつこい程の撃ち合いをしておりました。マルイのエアコキショットガン、マジハンパ無ェ・・・。




次回開催ならば、今度は買って一度も着てないシャルワール・カミーズですかね?

今回の装備品。


いつものM4カービンとHK MP5PDW。
メインはPDWにしました。やっぱり短い方が、RAIDの様に狭く入り組んだフィールドでは使いやすいですね。


実銃用マウント(NcSTAR MP5/H&K SCOPE MOUNT)でパチホロサイトを載せました。
このマウントがPDWに合わなくて、銃自体をヤスリで削りまくって無理やり装着してます。


格好の方はジーンズにMA-1というモロ普段着スタイル。
この組み合わせが「ハンター」のスティーブ・マックィーンか「相棒」」亀山薫か、はたまた「ベイシティーコップ」の藤竜也かで、どの世代がわかります。


プレートキャリアーはVALKYRIE TACTICAL   PLATE CARRIER Garter
プレキャリはいろいろなメーカーの物を使いましたが、これは異色。今回はダミープレートを入れてますが、
実物プレートで試してみたところ、肩~胸~腹部にかけての圧迫感が軽いです。
他のプレキャリだと体にプレートを”縛り付け”ている感覚なんですが、ガータの方は胸と腹を”包んでいる”感覚。
わかりにくい表現ですが、動きやすく、銃を構え安い。なかなか面白いギアですね。
 


残念なのはポーチ類があまり装着できない点。なのでTAC-T製サイドパネルを付けて増設しております。
ヴァルキリーさんには追加のMOLLEパネルを希望いたします(ラジオポーチやハンドガンホルスターが備え付けならGOOD!)。


当日イエローチームでご一緒したささきちさんとコーデュラックスさんとのスリーショット。







  続きを読む
Posted by しゅがごん at 19:38Comments(0)サバイバルゲーム

2015年01月03日

20141102第18回るり ゲーに参加してきました その②


 スナップ画像&動画でお楽しみくださいませ。

































  
Posted by しゅがごん at 17:27Comments(0)サバイバルゲーム

2015年01月01日

20141102第18回るり ゲーに参加してきました その①

ご無沙汰しております。気づけば2015年、あけましておめでとうございます。
去年秋からブログの更新が滞りまして、ようやく再開。まずはるりゲーレポ、参加者近影(一部)からやっていきたいと思います。


るりゲーでも安定のロシア軍将兵達。数年前までロシア系はマイナー扱いでしたが、るりゲーでは、その頃からメジャー扱いになる程登場されていましたね。



中東で暗躍するCIAオペレーター。偽の記者証とアウトドア用民生装備で固めております。
銃器をもっていなければ、そのままトレッキングとかができますね。

バイオハザード、ジル・バレンタイン(BH1)とシェリー・バーキン(BH6)。お二人ともゲームではバリバリ戦っておられました。


今回のベストドレッサーさん。鎧武者装備、レプリカではなく本物


実物装備はよく見かけるとはいえ、年式 格式共々秀でておりますね。


ざわ・・ざわ・・ ざわ・・ざわ・・。


今回初登場、よ●ばと‘・ダン●ー型パワードスーツ。

視界はタブレットのカメラで確保、電動ガンも内蔵しているので、気分はジャガーノートやゴリアテ。
しかし移動速度が極端に遅いので、「歩く盾」状態となっておりました。


2,3回のゲームで弾痕がすごいことになっております。






  
Posted by しゅがごん at 19:48Comments(0)サバイバルゲーム

2014年11月09日

20141102第18回るりゲー参加時の装備

いつもの様に、遅ればせながら11月2日(日)千葉県バトリシティーで開催された、第18回RURIRURI COMBAT GAME」(第18回RCG)に参加してきました。
前の週まで雨予報でしたが、当日は降雨なしのグッドなコンディション。約3ヶ月ぶりのゲームを楽しんできました。

まずは毎回恒例の自分装備晒しでございます。



服装に関してはODコンシャツとタクパンという、誠にオーソドックスな格好。
しかし今回は顔面にBB弾がバシバシ当たりまして、流血と弾跡だらけ。マスクかプロテクターは必衰ですね。


得物はこの三点。M4とAKは問題無く使えました。


今回初投入のICS MGL140 タイプ リボルバー ランチャー
元々はUOCでの2階からの撃ちおろし対策にと入手したんですが、ほぼ不発状態なうえに飛距離無し。
季節が季節だけにガス系はツラいのと、箱出しまんまでの初撃ち状態がアダとなりました。調整と練習が必要ですね。


装備の方はいつものDBTプレートキャリア・Sサイズ。それにタクティカルテイラーのPLATE CARRIER SIDE UPGRADE KITを追加しています。



ポーチ配置は、両サイドにM4マグポーチ、真ん中にピストルマグとGPポーチというシンメトリーを意識しました。
この位置だと、立っていてもうつ伏せでもマガジンをポーチから引き抜くのが楽でした。


背面のGPポーチには貴重品等を詰め込んで、重い前側とのバランサーとしました


ベルトキットはVOLK LB BELT+BLUE FORCE GEAR SOC-C Low Profile Suspenders。



ホルスター、トラウマキットにダンプポーチ。プライマリー・センカンダリーマグ各2本というオーソドックス配置。










  
Posted by しゅがごん at 12:52Comments(0)サバイバルゲーム

2014年09月21日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HG 補足

UOCHGが終了して1ヶ月以上経過しておりました。遅ればせながら掲載できなかった分を少しアップします。
本家UOC開催も近いんじゃないかと思うんで、今のうちに準備を始めましょう。
次回はUSエリアの2F籠城を攻略したいなといろいろ考察中です。





会場では様々なフリマが行われ、お得なアイテムがお得な価格で販売されました。それはもう、通常じゃ考えられない値段で。
これもUOCならではの醍醐味なんでしょうね。


UOC HG限定の久美男×魔肖fujiwaraコラボステッカーシートが販売されました。



fujiwaraさん繋がりで、なんとTOMYTECさん参加。リトルアーモリーの出展と販売をされました。私もゲットしました。


フリマでは、夏真っ盛りでグッドタイミングですが、サバゲアイテムとしては微妙~なアロハシャツ投げ売りを行いました。
UOCスタイルの味付けとしてや、帰りの着替えとして購入される方が多く、半数近く売れました。購入された方々、ありがとうございます!


今回は、所属チームのハンネシノビ氏と参加しました。UOC初参加でしたが、楽しんでもらえて幸いです。  
Posted by しゅがごん at 19:36Comments(0)サバイバルゲーム

2014年08月17日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HG 



2014年8月3日(日) 千葉県RAIDで開催されたUOC(UNKNOWN OPERATORS CONVENTION)ーHGに参加してきました。
ほぼ画像だけのレポになります。


なお、ゲーム中の画像はラセットさん撮影のものを使わせて頂きました。どうもありがとうございます。

UOC主催者の魔肖fujiwara氏。今回も有意義なゲームを開催頂き、ありがとうございます。



UOC初参加者へのミーティング風景。普通のサバゲに慣れていると、かなり面食らうと思います。

さてゲームの方ですが、通常のUCO戦(ポリタンク、カウント復活)でした。

ただしハンドガンメインなので、通常戦よりも、

走る


走る






とにかく走る! 非常に早い展開で戦いが行われました。


そして、

隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



隠れながら撃つ、



とにかく隠れながら撃つ、



とにかく隠れながら撃つ、



しつこいけど隠れながら撃つ、



しつこいけど隠れながら撃つ、



くどいけど隠れながら撃つ、


くどいけど(以下同文)

遮蔽物だらけのフィールドなので、クリアニングが恐怖状態。


一見すると遮蔽物越しの撃ち合いに見えますが、実際は両方とも相手の位置を把握しておりません。


こちらも同じ方向を向いていますが敵同士、お互い気づいておりません。まさに「志村後ろぉ!!」状態。
各ゲートから随時侵入可能なので、後ろに廻られて撃ち獲られたり。
逆に相手側の有利なエリアまでダッシュして、裏側から引っ掻き回したり。
とにかくゲーム中の緊張度がハンパ無く、おまけに炎天下の灼熱地獄。1ゲームだけでもノックアウト状態で大変でした。まぁ楽しいんですけど。









  
Posted by しゅがごん at 22:00Comments(0)サバイバルゲーム

2014年08月10日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HG参加時の装備

日が経つというのは早いもので、UOC-HGが終了して1週間経過しました。
いやもうホント燃え尽きておりました。それはそれはもう苛酷ながら楽しいゲームでしたよ。


UNKNOWN OPERATORS CONVENTION HGとは、本家UOCのスピンオフゲームといったところ。
本家との違いは、ハンドガン、ショットガン、マシンピストル、グレネードランチャー(ガス、エアコキなどセミオートオンリー)メインということです。
普段はサイドアームとして日の当たらない火器類を主役に戦ってみようという、今までありそうで無かったゲーム内容。


今回のスタイリング 東南アジア近辺で仕事に勤しむ下級工作員といったところ。
アロハシャツに5.11パンツ。アジアン雑貨ショップで買ったタイコットン・バンダナキャップにOakley US Standard Issue Gascan。


装備はDBTプレキャリにショットシェルポーチとピストルマガジンポーチ、止血帯を付けただけのシンプルスタイル。
猛暑炎天下でのゲームだと確信しての軽量軽装でしたが、これでも相当暑かったので、ゲーム半ばにはプレキャリをベイルアウト。
UOCでは無線必需品。この暑さだとヘッドセットはキツいのと雰囲気優先で、市販のスロートマイク(チューブイヤホン)を使用。
ただし音質は割れに割れて最悪でした。


メインアームはマルイの1911MEU。デルタ放出のG-CODEホルスターに収めてます。
MEUはグリップを実銃用に交換、ライトマウントを追加した程度でノーマル仕様。
グリップセーフティに、自転車用タイヤチューブを輪切りにした物を巻いて機能を無効にしてあります。

もう1丁、マルイのグロックを用意してたんですが、マガジンにガスがうまく注入されず、4~5発でガス切れ。
普段使い慣れていないと、メンテもおざなりになるんで反省です。


もうひとつのメイン、マルイM870。飛距離、集弾(3発射撃)良好ですが、連射がイマイチ。
射撃→ポンプアクションで、きっちり押し戻さないと発射できず、何回もヒットチャンスを逃しました。






  
Posted by しゅがごん at 23:03Comments(0)サバイバルゲーム

2014年06月11日

20140525プライベートゲーム参加時の装備


今回は自然いっぱいのフィールドなので、全身マルチカム仕様です。


お揃いのチームパッチとフラッグパッチ。


使用したのはお馴染みマグプルスタイルM4。ホロサイトを取り付けてましたが、映り込みが激しかったのでアイアンサイトのみ。


ギア部分。プラットフォームはBDS Tactical V-OPS Split Front Chest Rig 。



M4マグポーチとピストルマグポーチ、それとキャンティーンポーチというシンプルスタイル。


背中にはユーティリィポーチとブロウアウトポーチ、それにダンプポーチです。


ベルトが擦れたフチ部分が解れまくっています。


ゲームはフラッグ戦を6回。かなり久々な自然フィールドだったので、匍匐も捜敵もままならず。
マガジン1個分の射撃と3度やられたという顛末でした。まぁ楽しかったから問題ないんですが。


当日の動画。ポイントマンしてるのが自分です(画像引用許可サンクスです)。








  
Posted by しゅがごん at 21:45Comments(2)サバイバルゲーム

2014年04月25日

20140420第17回るり ゲーに参加してきました その①


2014年4月20日(日)、千葉県サバゲフィールド・バトルシティーにおいて、
「第17回チームるりるりコンバットゲーム(17thRCG)」がしめやかに行われました。
今回も阿鼻叫喚の地獄絵図、本当に無数のBB弾を撃ち込まれる激痛の嵐。参加の皆様お疲れさまでした。

では今回参加者スナップ画像であります。

今回はロシア・ソビエト兵がてんこ盛りでありました。ウクライナ情勢を垣間見て、リアルな存在感を醸し出しておりました。


別の意味で、リアルな存在感を醸し出している方もおりましたが・・・。


初々しい方々も多数。実際、この様なラフな格好の方が動きやすいんですよね。



ラフっつーか、それ絶対工事現場から馳せ参じてますよね?


サバゲーに来たというより、職業・銀行強盗という感じ。


懐にはスーパーブラックホークを忍ばせているという芸の細かさ。


今回のベストドレッサー有力候補、警察予備隊自衛隊の御先祖様ですね。


フィールドでも見かける様になったKRISS Vector。改めて見ると、TVゲームのガンコンみたいです。


前回はライダーでしたが、今回は装甲歩兵にジョブチェンジ。


使用銃もゲーム用というより、魔物退治向けですね。


うぽって、青錆学園えむふぉーさんとふんこさん。ちゃんとM4A1とFNCを持っているという芸の細かさ。


・・・もうね、この御姿で突撃かましてくるとか悪夢そのもの。もちろん攻撃不可の動く的状態です。










  
Posted by しゅがごん at 22:16Comments(2)サバイバルゲーム

2014年04月23日

20140420第17回るりゲー参加時の装備

恒例の「るりるりコンバットゲーム(RCG)」に行ってきました。
毎回毎回、痛い思いをしながらゲームやってるんですが、また次回も参加することでしょう。どんだけマゾ体質?

いつもの様に自分装備晒しで。


服装に関しては普段着そのまんまです。この格好でゲーム始めて、この格好で帰宅。
手袋はBlackHawk Fury HD w/Kevlar 。今回初めて使用しましたが、指先までなかなかのフィット感。
グローブ嵌めたままでデジカメのシャッターが押せるくらい、と言えばお分かりでしょうか。
ニーパッドはHATCH、使用銃器はG&PのM4とマルイGLOCK17。グロックはアーマーに収めています。



装備はMSAパラクレイトのRMV(RELEASABLE MODULAR VEST)、スモールサイズ。
自分の体型に合ったあそびの無い、ちょうど良いサイズなんで動きやすかったです。自作Sサイズダミープレート入り。


午後からは得物をSMGに変えたので装備も変更。上着はTRU-SPEC TRU® XTREME™ COMBAT SHIRT。
装備は前回のUOCで使ったSO-TECHベストをそのまま着用。ホルスターのみ、当日フリマで購入したBLACK HAWK製ベルト式に変更しました。


SMGはマルイ製MP5SD、エイムポイントM2を載せております。軽量で、とにかく撃ちやすい逸品です。



  
Posted by しゅがごん at 21:27Comments(0)サバイバルゲーム

2014年04月21日

2014年04月10日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.03参加時の装備

2014年4月6日(日)、千葉県RAIDで開催された第三回UNKNOWN OPERATORS CONVENTION に参加してきました。
濃いィ装備の面々と、それに比例するが如くのハードゲーム。るりゲーもハードですが、UOCは、言うなればキメの細かいハードさといいますか。
頭上のイーグルアイに位置が把握され、数多いバリケードには伏兵が潜伏し、リスボーン入口では敵が待ち構えているという無理ゲー状態。

いつもの様に自分装備晒しです。


今回は2000年初期のイラク市街地辺りで、怪しい活動をしている方々をイメージしております。
着込んでいるのは、ようやく活躍の場が与えられた旧イラク共和国軍戦闘服。被っているウォッチキャップにはピザハットのロゴ入り。


参考にした怪しい面々の画像です。どこをどう見ても正規兵とは思えませんね。


TLBVの様に見えますが、S.O.TECH製タクティカルベスト。おそらくDelta Vest の前に作られた物だと思います。
V1ベストとTLBVを合体させた感じ。前部はファスナー開閉式、ベルトリープはベロクロやドットボタンが付いていない輪っか状態です。


マガジンポーチは一見ダブルに見えますが、M4もAKも1本しか収めることができません。

腰周りはLBT-0902ミニブットバックと同じくLBTのピストルマガジンポーチ(カイデックスインサト入り)、
時期的には合いませんが空マグを収めるスペースがないので海軍放出ダンプポーチを取り付けております。


ホルスターはブラックホーク製、左利き用。左利き向けの装備品は出回らないので本当に貴重ですね。


ベストの内側にはSPEAR BASのレプリカ。グローインアーマーは実物放出品です。


ただしペルのファステックスは実物とは互換性がありません。そこでレプの方を破壊して、ITWの純正品に交換しました。

ゲームでの使い心地は、「動きにくいったらありゃしない」でした。
とにかくアーマーの上にベスト着込みというのが、ショルダー部分がズレまくりで気になってしょうがない。
マグポーチのフラップを開けようとするとベストが浮いたり。
ポーチ類が付随できるCIRASが開発されるのにも納得するし、最近のcrye JPCの様な最新モノの使い易さにも頷けます。
でも、こういう不自由さを「楽しめる」というのもUOCの醍醐味の一つではないかと思います。


銃に関しては、最初はH&K MP5K-PDWを使っていましたが、3ポイントスリングが使い辛く、使い慣れたM4にすぐシフト。








  
Posted by しゅがごん at 22:42Comments(3)サバイバルゲーム

2014年01月05日

UNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.02

遅ればせながら、あけまして2014年おめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
恒例ながら年末稼ぎ時の仕事なので、40日間休み無しという過酷な状況なうえ、正月になると、その無理たたって毎年ダウンしてしまう悪循環。
今年も寝正月で休みが終り、明日からまた仕事です~。
ブログの更新もままならず、ようやく着手。昨年11月に行われたUNKNOWN OPERATORS CONVENTION vol.02に参加してきました。


ゲームの内容に関しては、詳しいレポートがコンバットマガジン2014年2月号に、
fujiwara氏記事で掲載されてますんで、こちらを読まれた方がすぎ参考になります(笑)
後、DxExDオフィシャル動画も、とても参考になります。いやホント過酷なゲームでしたよ、楽しかったけど。

そんなワケで当日撮影した画像です。ゲーム中は撮影なんぞしてるヒマが全くなかったので、開会式の模様のみ。
多種多様なオペレーター達が参加している雰囲気が味わえたら幸いです。

































最後の2枚は最終戦前に自然と行われたミーティング模様です。












  
Posted by しゅがごん at 17:45Comments(0)サバイバルゲーム

2013年12月16日

20131103第16回るり ゲーに参加してきました その③


るりゲー最後の催しモノは、フラッグ戦です。
フラッグである三角ポールを奪う、典型的なゲームですが、ヒットしてもポール触れば復活。ポールに接触していれば無敵状態。
フラッグが取られない限り何回でも生き返り、弾が無くなれば途中でセーフティゾーンで補充可能という特殊ルール。


「それならヒットを気にせず、好きなだけ戦えるじゃん!」と思われるでしょうが、このるりゲーフラッグ戦、 「マゾゲー」と呼ばれる位の過酷さ保証します。

説明するより、動画の方がわかりやすいかもしれないので、

う~ん、気持ちイイほど、阿鼻叫喚地獄絵図。
これぐらい弾が飛び交うなかで交戦。普段マスクをしないベテランが、この時だけは防御対策をします。
簡単には死ねません。すぐに生き返ります。突撃に対する集中砲火、0メートルでの撃ち合い、初心者には絶対お勧めしない戦いです。


しばらくするとポン刀片手に突っ込んだり、

バトルアックス握って突撃したりする方々も出てきます。
もちろんこれらの武器による攻撃はできないのであっという間にハチの巣です。無論、本人達もそれを望んでおります。


そんなこんなで引き分けで終了。まぁフラッグゲットをすること自体無理ゲーですから、一種のストレス発散ゲームですね。


今回所属のチーム大洗女子学園 C3部の面々。次回の狂宴、楽しみにしております。






  
Posted by しゅがごん at 21:07Comments(0)サバイバルゲーム

2013年12月06日

20131103第16回るり ゲーに参加してきました その②

最初のゲームは制圧戦。先陣はHMMWVで露祓い、


特別ルールで車両に攻撃できません。逆に搭乗者は好き放題に虐殺三昧可。


それでも結局最前線で下車しなければならず、敵勢力地帯でフルボッコ状態になる恐れアリです。



嵐の前の静けさのなか、各々覚悟を決めます。
スタートダッシュで散るも良し、後ろからネチネチいやらしく撃つも良し。





ゲーム開始直後から一進一退の激しい銃撃戦です。コーナーをクリアしたと思ったら、死角から撃ちこまれたり。
森の奥から大回りして、背後から攻撃されたり。家屋屋根から狙撃されたり。グレネードをブチこまれたり。


後方に陣取る大隊指揮官「さあ皆で突撃だぁ~っ(棒読み)」味方を煽りに煽って死地に向かわせます。


見てください、この満面の笑み。鬼です、まさに鬼畜。

お次は、これも恒例の脱出戦。VIPを警護しつつゴール地点まで突破していきます。


敵はあちこちに分散して待ち構えております。それを制限時間内にポイントを確保しつつゴームに向かいます。
とにかく一点集中、ゴリ押しで敵を排除していきます。


順調に敵を排除していると思いきやの緊急招集。後方から潜入してきた敵3名に、VIP危機一髪!
怯えて建物に隠れるVIP。数名の犠牲が出ましたが、敵を殲滅しました。油断禁物ですね。


敵側も必死の追撃を仕掛けてきますが、遅延戦術で凌ぎます。


万歳三唱、ではありません。ゴール間近でVIP通過の間、スパイが紛れ込んでいる可能性があるので、
味方は両手をあげて射撃出来ない様にしています。動けば即射殺。


ということでVIP無事に脱出成功しました!
  
Posted by しゅがごん at 23:41Comments(2)サバイバルゲーム

2013年11月12日

20131103第16回るり ゲーに参加してきました その①

2013年11月3日(日)、千葉県サバゲフィールド・バトルシティーにおいて、
「第16回チームるりるりコンバットゲーム(16thRCG)」がしめやかに行われました。
4月開催予定だった15回ゲ-ムが豪雨のために中止となり、約1年ぶりの鬼畜ゲーム再来に皆が心躍らせての開催。
他ゲームでは見られない、怪しくも魅惑溢れる100名以上の参加者が殺戮に勤しみました。

どんな参加者や武器・装備があったか画像で雰囲気を感じて頂ければ、これ幸い。


しょっぱなからですが、仮面ライダーウィザード。およそサバゲとは関係無ェ~(笑)


正義の味方のはずなんですが、かなりヤサグレておりまして、ショットガンやポン刀片手に突撃かましたり、
ハンビー乗ってM2ブチかましたり。ライダー曰く、 「勝てば正義!!」人間味溢れる豪傑ライダーでした。


これは珍しいカナダ軍兵、カナダ特殊作戦軍(CANSOFCOM)でしょうか?


ポーランド陸軍(GROM?)とドイツ連邦(西ドイツ)陸軍


2丁拳銃ガンマン(たまに ガイ・フォークス にジョブチェンジ)


これはベストドレッサー、中米・中南米風ゲリラ。いかにも悪そうな出で立ち、
おまけにライフルはM16A1、装備はLC-1という芸の細かさ。



銃火器もネタ(?)揃い。マルイの新鋭サウンドシステム付きVSR-10
もともとヘッドホン対応ですが、外部スピーカー接続で銃撃音を響かせます。


フォアグリップを増設したPPsh-41。これも独特のカン高い射撃音で目立っていました。


グレネード式RPG-7。予備グレネードもっさり状態です。


そして、るりゲーでも珍品中の珍品、 KTW タネガシマ
これを作るメーカーもメーカーですが、これでサバゲに挑むというのも漢というか、変態というか・・・。


見た目本物ですがコッキング式エアガン、装弾数77発です。ちなみに価格は118,000円(税別)!!。


タネガシマ繋がりで、下散(げさん)を自作されてた方がいらっしゃいました。今でいうグロインアーマーですね。


戦国繋がり(?)でのツーショット。るりゲーじゃなきゃ見ることができない光景です。  
Posted by しゅがごん at 17:24Comments(0)サバイバルゲーム

2013年11月04日

20131103第16回るりゲー参加時の装備

昨日、千葉県バトルシティーで開催された、「第16回チームるりるり・コンバットゲーム」参加してきました。
春開催予定だった、るりゲーですが、大雨のために中止。今秋改めて開催という次第。

なんというんですか、欲求不満解消阿鼻叫喚な地獄の一日となりました。体痛いとです。まずは恒例自分装備晒し。

15thるりゲー装備01
15thるりゲー装備02
最近はタクトレスタイル、民間武装警備員の様にラフな格好でゲームしております。
シャツはユニクロTシャツ、パンツはEOTAC。ホルスターはサファリランドのラプター、グロック20・21用。
左利きだとホルスターを入手するのもひと苦労。今回も海外オークションで購入、元警察官の私物でした。
銃はマルイの次世代HK416と中華製M4、いつものチョイスです。

15thるりゲー装備03
で、身につけていたのはMSA PARACLETEのRMV。ブラックカラーのMサイズCQBバックパネル付きです。
RAV]と同じデザインですが、細かいところが違います。RAVとRMVの相違点に関しては改めてブログのネタにしてみます。
ポーチ類はパラクレイト製で統一。弾数命の、るりゲーなのでM4ノーマルマグ8本、グロックマグ3本収めています。

15thるりゲー装備04
るりゲー対策捻り技として、胸に輝くはアイマス、765プロワッペン(COSPA製)。

15thるりゲー装備05
後ろに鎮座するはアイマス・シンデレラガール、厨二病アイドル神崎蘭子携帯電話ポーチ(COSPA製)。
特小無線を治めるのにジャストフィットな大きさ、取り付けに不安があるのでパラシュートコードで固定してます。
  
タグ :るりゲー

Posted by しゅがごん at 15:06Comments(0)サバイバルゲーム